オイルパックのやり方。

オイルでパックすることによって、保湿効果で乾燥肌を改善することができます。
同時にオイルでマッサージをすることで、肌の奥から汚れを浮かせてスキンケア用品の有効成分が染み込みやすい状態になります。
パックのやり方としては、ホホバ油やオリーブ油など自分に合った油を用意し、洗顔後適量を手に取って顔全体に馴染ませていきます。
馴染ませたら、指の腹を使って丁寧にゆっくりと内側から外側にマッサージしていきます。
パックを行なう前に蒸しタオルやスチーマーなどを使って毛穴を開くとより効果的です。
目の周りは皮膚が薄いため特に優しく行ないます。
マッサージが終ったら、熱めの蒸しタオルを顔全体に乗せて2〜3分ほど待ちます。
毛穴が開いてオイルを浸透させ、その後優しく拭き取ります。
パックの後は、化粧水や美容液などのケアをしっかり行ないます。
きちんとケアを行なわないと乾燥肌を悪化してしまう危険性があるため注意が必要となります。

脂性肌の人にこそおすすめのオイルパック

パックにもいろいろな種類があります。
ニキビができやすい脂性肌の人は、とかく皮脂を取り除くことにばかり目が行きがちです。
でも皮脂の分泌が多すぎるから脂性肌になっているとは限りません。
思春期の頃の旺盛な皮脂の分泌のある年代なら別ですが、特に大人になってからニキビができやすい肌に悩んでいる人の場合、脱脂成分の強すぎる洗顔料を使ったスキンケアはかえって脂性肌を悪化させる心配もあります。
そこでおすすめしたいのがオイルを使ったパックです。
メイクを落とした肌にオイルをたっぷりと塗り、しばらく置いて肌にオイルを浸透させるように軽くマッサージしてからしばらく置く方法も可能です。
一定時間経過したら、今度は軽くティッシュなどで肌のパックをふき取ってから、いつも使っている洗顔料をしっかりと泡立てたものでパックを洗い流し、その後丁寧にすすげば終了です。
肌がしっとりとして気持ちよく潤った状態になるのでとてもお勧めの方法です。

Favorite

塾を大垣市内で検討

最終更新日:2018/8/29

Copyright(c)2015 しっかり潤すパック All Rights Reserved.